FC2ブログ

小松川境川親水公園


 
 下書きのまま寝てしまった・・・
 遅い更新になってしまいました。



   先日の小松菜にちなんだ小松川境川親水公園ですが、
     江戸川区総合文化センターホールの前に流れてます。


趣の有る木の橋をそっと渡ってみる。
小松川境川親水公園 (1)

   
   最近、平らな所で躓きますから

転んで川に飛び込んだら恥ずかしい。
小松川境川親水公園 (2)


人工とは言え水の音が心地良い。
小松川境川親水公園 (3)


よ~く見たら鴨が一羽。
小松川境川親水公園 (4)



    ここに居ても餌は無さそうですが・・・・


昔、記事にした事も有るTegelの救急車が塗り替えの為撤去されてます。
消防車
Berliner Morgenpostより拝借しました。


1980年代に設置された当時の救急車の姿。
この車両、7年ごとに車体を塗り替えてるそう。
今年が、その7年目。

  塗り替えにどの位の時間がかかるんでしょう・・・
  次回、ベルリンに行ったらお化粧直し後の救急車が見られるかな?

    ドイツ人、仕事が遅いからなぁ・・・・


      


お彼岸法要


   
      最近は怖くて暗くなる前に帰宅する私ですが、
           先日は暗くなった浅草を通ることになりました。


   店仕舞いでシャッターが下りた仲見世を通り過ぎると、


ずらりと並んだ提灯の雰囲気が浅草っぽい
お彼岸 (3)

   前方には、

宝蔵門がライトアップされてます。
お彼岸 (4)


5時には閉まる浅草寺が開いてる!
お彼岸 (1)
春彼岸大法要でした。

   
    時代は変わっても慣習は変わらない。
    若い人が多かったけれど皆がハッピ姿。
    信心深い人が多いのに何と罰当たりな私。 
    

帰路、振り向いたら人影は無い。
お彼岸 (2)
人影が無いと寒く感じる。


       昔は怖いなんて考えた事も無かったのに、
          最近は何が起きるか分からない怖さが有ります。


何だか疲れてしまって・・
なぁんにもやる気が起きません。

  数年前のブログを読み返してました。
  当時はまだエネルギッシュだったなぁ。
  それに毎日が楽しかった。
  最近の私は青菜に塩。
  元気回復の方法が有ったら教えてくらさい・・・



    

菜葉


  おっと危ない、危ない。
    またまたブログをサボリそう・・・


     何かサボリ癖がつくと坂を転げ落ちるが如くだそう

        
自慢じゃ有りませんが転げ落ちる自信は充分あります~ 


   で、

       転げ落ちないうちに短い更新です。


先日、友人から新鮮な菜葉を沢山頂きました。
菜の花 (5)

   
エノキダケと一緒に酢味噌和えにしましたが、
菜の花 (2)

   酢味噌にしないで茹でただけで美味しい!!
   茎も柔らかく甘さが有ります。
   
         こんな美味しい野菜は初めて。

     新鮮に勝る物は無いですね。
     鮮度が落ちない内に下ごしらえ。
     小分けにして冷凍庫へ。
   
        春の野菜、菜葉を下さった友人に感謝です。



  東京でも桜の開花宣言が出されました。
   
    
Dr 肥沼信次のドキュメンタリー「リーツェンの桜」
リーツェン (1)    
    
    
  桜は日本人の心。

      桜が見たい・・・

    戦後で有るにも関わらず帰国する事無く、
    東ドイツで37歳の若さで亡くなった日本人医師。

        それを思うと桜を見ても切ない気分になります。



今日は朝から強風が吹き荒れて今も風が吹いてます。
風の音って、どうしてこんなに寂しいんでしょう・・・・



小松菜



先日のフラダンスですが、
    旅行気分であちこち散策。


  何か得るものは有るんですねぇ・・・


近くに香取神社が有りました。
小松菜 (1)
左側に「小松菜の産土神」って?

  これをスルーするわけには行きません。

歴史有る神社でした。
小松菜 (3)


  8代将軍 吉宗が鷹狩りをする際の食事の場だった香取神社。
  用意されたのは「餅のすまし汁に青菜を少々」(これぞ東京のお雑煮)
  この青菜を吉宗が大変喜び、この地に因んで「小松菜」と名付けたそうな。

    今や日本全国で手に入る小松菜。
    それどころかベルリンのアジアショップでも小松菜が売られてます。
    そんな小松菜にこんな歴史が有るなんて!と、
    感動しちゃったってわけ~


ここには道祖神も有ります。
小松菜 (4)
目、耳、足、腰の筋を守ってくれる神様だとか・・・・

   お正月の「どんど焼き」は
   「どうそ神焼き」から来てるそうです。
   皆様、御存知だったかも知れませんが、
   私は初耳だったので凄く新鮮な気分。

      やはり歩かないと駄目なんですねぇ・・・


余談
我が家の習慣か、あるいは東京の習慣か分かりませんが、
お正月3が日の朝は父がお雑煮を作るのが我が家の慣わし。
父のお雑煮は将軍吉宗様風に「すまし汁に小松菜」特別に美味しかった。
もう一度あの日々に戻りたい・・・



これから前日記事のリコメをさせて頂きます。
遅くなって済みません 



フラダンス


   春のうららの♪

       私の脳も春うららに・・・
         季節の変わり目なんですね。

    何もやる気が起きなくなって、
      2日もブログを休んでしまいました。


カンザクラ。
花 (2)
新芽が出て来てそろそろ花も終わりです。


   さて、気を取り直してブログを更新。
     と、思うんですが文章が浮かびません


友人からフラダンスの発表会にお招きいただきました。
フラダンス (2) フラダンス (3)
日本国内で始めてみるフラダンス。しかもハワイからのミュージシャンも参加して見応えがありました。

  
   かぶり付きの席で観させて頂きましたが、
   フラダンスってただ手をヒラヒラさせてるんじゃないんですね。
   一本一本の指の動き。
   眉毛まで動かしながら中腰で踊るなんて!

     フラダンスもかなりハードだって事を知りました。 


    友人とはベルリンへ行ってから疎遠でしたが、
        昨年、突然ご連絡頂いて以来のお付き合い。

   友人が生き生きと幸せそうだったのが嬉しい。


こんな立派なホールでの発表会。
伝統工芸 (1)


  早めに着いてあちこち見学。
  
二階に「江戸川伝統工芸」の展示。
伝統工芸 (2)
釘やネジを使わない建築物。細かい作業の日本刺繍など。

   今まで見逃していた江戸文化です。

    今更ですが奥が深いと感動した次第です。



くらげ アカエイ


   花粉は飛ぶし、気温の変化も激しい。

     そんな中、木場公園へ行こうと家を出ました。

   が、

途中、此処で引っ掛かってしまった↓
仙台堀川公園 (5)
江戸時代から運河として利用された仙台堀川。


水の音に誘われてしまったんです。
仙台堀川公園 (1)



人工ですが水の音が心地良い。
仙台堀川公園 (7)



人が居ないので独り占めの気分。
仙台堀川公園 (6)


都内とは思えない静けさが有ります。
仙台堀川公園 (2)


    そして、こんな場所に


鵜が居ました! 右上です。
仙台堀川公園 (3)


   それどころか、

この注意書きって!
仙台堀川公園 (4)


     クラゲもアカエイも海洋生物だと思ってました。 違うのかな・・・・


あっ、木場公園は行きませんでした。
だってお腹が空いちゃって。
付近に食べ物屋さんも見当たらない。
食欲には勝てずその場を後に繁華街に戻りました。





法隆寺宝物館



    今日は再び上野の話しに戻ります。

  表慶館の横には黒門が有ります。
    東大の赤門と比較される黒門も立派です。


これが黒門裏側。(重要文化財
黒門 (1)


黒門表側。
黒門 (2)
旧丸の内大名小路に有った鳥取藩池田家江戸上屋敷の正門だったそう←WIKIより

   土日、祝日は開門されてます。

   
法隆寺宝物館へも行きました。
法隆寺宝物館


内部は天井が高く自然光を取り入れてます。
天井


モダニズム建築の庭に広がる日本庭園。
茶室


  国立博物館も見学しましたが、
  勉強不足で理解出来ない物が多い。
  壱から出直しです。


空腹を感じホテルオークラ レストラン ゆりの木でランチ。
しまんと鳥のコンフュ (2) しまんと鳥のコンフュ (1)
しまんと鳥のコンフィ。                  デザート。
   
   コンフィはフランス語で同じ鳥の脂肪で低温で煮た料理。
   時間をかけて調理してるので肉は柔らかでした。
   デザートはラズベリー風味で薄味。
   どちらも美味しかったです。



  私は食べるのが早いんです。

   これはOL時代に上司から

     10分で済ませて来い

      と、言われ続けた結果です~
        決して欠食児童ではありません。 


今から約30年前、パワハラは公然と行なわれてました。
そこは、ほら私の事ですから反抗もしてましたが、
結果的には服従ですよん。
   でも、か弱い(?)女性にパワハラなんてチッチェーなぁ。 




ご要望にお応えします。


  今日は日中は暖かだったそうですが、
    何だか寒くて暖房をつけて午前中はゴロゴロ。

 午後からドイツ語レッスンに出かけました。

お寺さんの寒緋桜が開ききってません。
neko (2)


   明朝は寒くなるって?
     本格的春はまだかなぁ・・・・


今日、停留所で都電を待ってました。
お年寄りが多く利用するのでベンチが必ずあります。

そこで一人の男性が、

  どうぞ、お座り下さい。

  あ、大丈夫です。ありがとうございます。


電車に乗る時も、

   お先にどうぞ

 日本男性には珍しくレディ ファーストでジェントルマン。


その男性が言うには

   僕は85歳になるんですよ

 こんな時の男性って 自分は絶対若い って思ってますよね。 

    そして、

お若いですね。そのお年には見えません。

    って言葉を要望してるはず。

      勿論、ご要望にお応えしましたけど。  



僕はそんなやせ我慢は言いません。 by 谷中の酒屋さんの猫。
neko (1)
皆から触られても我関せずの猫ちゃんです。

   今日も元気で良かった 

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

太巻きおばば

Author:太巻きおばば
喜怒哀楽が激しく裏表無し。
早い話が単細胞。
下町生まれの下町育ち。

写真転載不可。

年間アーカイブ

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク自由です。 商用目的のリンクはお断りします。