東京江戸ウイーク2017

藝大オペラ定期公演で藝大奏楽堂へ行った日曜日。


上野恩賜公園で
東京江戸ウイーク (4)


東京江戸ウィーク2017が開催されてました。
東京江戸ウイーク (3)



公演が終わり、帰路の帰りにちょっと寄り道した「東京江戸ウイーク2017」
上野

   私はやはり食べ物に興味あるし~

高砂部屋の力士の方々も頑張ってましたよ~
東京江戸ウイーク (2)
左側の風呂桶のような大きなお鍋でちゃんこを作ってたようですが、
    
   私達が行った頃、お鍋は既に空でした

そりゃそうだ。後ろ、後ろ~
後ろ~
喰ってるぜ~♪

  きっと親方から行けって言われたんでしょうね。

お父さん、お母さん見てますか~
東京江戸ウイーク

    息子さん、頑張ってましたよ~


頭が悪い。

午前中は雨模様でしたが、
   午後から雨も上がり少しだけ蒸し暑く感じた土曜日。



牛嶋神社ではものコト市が開催されました。
牛嶋神社 (4)


私には理解できない音楽が演奏されてます。
牛嶋神社 (2)


牛嶋神社



   神社に鳩はよく似合う。

池で寛ぐ鳩。
牛嶋神社 (3)


貞観二年(860年)に創建された神社ですが、

     牛嶋というだけ有って、

撫で牛様が慈悲深いお顔でおわします。
牛嶋神社 (1)
自分の悪い所を撫でて、お牛様の同じ場所を撫でると病気が治るそうです。

    最近、頭がボーっとするので自分の頭を撫で、

  その後、お牛様の頭を撫でましたが、

        他人が見たら、

    あぁ、あの人は頭が悪いんだ

      って思ったかも?否定はしませんが。 



昨夜遅くに地震警報(で良いのかしら)がテレビ画面に流れました。
慌てて倒れそうな物を横にしようと思ったら、すぐにやって来た地震。

    思っただけで何も出来ない・・・・・

 あのピンピンって音、恐怖を煽る以外の何ものでもない。
  
  我が家地方はたいした揺れでは有りませんでしたが怖かった~。




親戚?

猫グッズは他にもう1点ゲット。


見た目の可愛さにつられて買いました。
neko_20171006074916dc1.jpg


尻尾を押し上げて開けて、袋などの口を止めます。
お地蔵さん (4) お地蔵さん (1)

   無駄にならない実用的なものと思いましたが、
      これが見事に失敗。固くてなかなか開けられない。
    
   挙句の果てにメイド イン チャイナですわ有りそうな話なんですが・・・


そんな話とは裏腹に太陽に映える一個の柿。
お地蔵さん (2)
これって鳥の為にあえて残したの?


先日の夜店通りはどうやらこのお地蔵さんの夜店からでしょうね?
お地蔵さん (3)
小さな祠のようなお地蔵さん。毎月24の日がお地蔵さんの日だそう。
 
   散々あるいて帰宅の頃は日もとっぷり暮れて、

灯りに映えるハイビスカスが目立ちます。
谷中 (4)


揚げ物屋さんに並ぶお弁当。
谷中 (5)
一人暮らしには便利。

   便利ですがメタボになりそう・・・・・



Mr カズオ イシグロがノーベル賞受賞。
是非、読んでみたい本が有ります。
ネットで検索したら簡単には手に入りそうも有りません。

   イギリスに帰化して既にイギリス人。
   でも日本が受賞したかのように大騒ぎ。
   私も嬉しいけど・・・・

    これって有名になると急に親戚が増えるのと同じ現象かも?



連日、谷中へ。

一昨日、買ったグッズなんですが、


身体の部分と頭の部分がパカッと開きました 
シイの木 (7)

   そうなんです、マグネットじゃ無くて、

クリップでした。
シイの木 (1) シイの木 (8)
内緒の話ですが、お店の人、知らなかったみたいョ 

   それが凄く気に入っちゃって追加で買いに行きました。、

店内で寝てた猫ちゃんはお外で日向ぼっこ。
シイの木 (4)

   日が差せば暖かなので

酒屋さんの猫ちゃんものんびりと昼寝。
シイの木 (2)

一方、ワンちゃんは檻の中でお尻を向けて拗ねてる?
シイの木 (3)
本当の所は観光客が煩いと思ってるかな?

   大きな檻でね、6畳一間のアパートより大きいかも。

  
  お寺さんに猫ちゃんはよく似合う。
 
谷中はお寺さんが多いから
     猫ちゃんも多いのでしょうね。

Openと有ったので入ってみました。
シイの木 (6)

大きなシイの木があります。
シイの木 (5)
1836年の「ひぐらしのさとそうず」に描かれてるそうです。

直ぐそばに案内板が有ります(クリックすると大きくなります
看板
分かった、日暮里って「日暮しの里」から来たんだわ。


ドイツ語の先生が仰ったように
最近、中国人より欧米の観光客が圧倒的多数。
谷中がやっとスポットライトを浴びてきたみたい?

               ちょっと嬉しい。


月夜の晩

水曜日はドイツ語レッスンでした。
  只今、美しい文章を書く特訓中です。

ドイツ語でも(って言っちゃ悪いんですが
     美しい文章って有るのが吃驚です。


  終了後は早く帰れば良いのに、

   やはり寄り道。

昔はこの通りに夜店が並んで、
谷中 (3)
その名残で「夜店通り」

   それでも夏には妖店通りと称するイベントがあるそうで、
      今年は駄目だったけれど来年の夏には行ってみたい。

   天を見上げれば、

中秋の名月。
谷中 (6)
雲が良い被写体かも。


猫グッズ屋さんへ寄ってマグネットを購入。
谷中 (1)谷中 (7)
表も裏も手抜きの無いマグネットです。

商品をクッションに寝てる猫ちゃん。
谷中 (2)
聞けばご近所の猫ちゃんだそうですが行くと必ず商品の上で就寝中。

オーナーさんも怒らないし、
  お客様も微笑んでやり過ごす。

        もしかしたら招き猫かも? 



自宅近くまで来た時はさすがに風が冷たく感じました。
来月は11月。11月が来れば翌月は12月(当然ですが)
1年って早く過ぎるんですね。

       秋風が身にしみる中秋の名月の晩でした。



スマホで混乱。

初めてスマホでブログ更新です。


うまく出来るかな
20171003135352942.jpg
私が写したのではなくLINEで送ってもらった写真。

   こういうのを他人のフンドシで相撲を取るって言うのね

  と此処までは良かったんですよ、

   んだけども、

調子に乗ってスマホでフェイスブックを設定したら
古いフェイスブックが消えちゃった。

   どうしよう・・・・おバカな私です。
   
     ITのスペシャリストの方にアドバイスを頂いて、
     それでも散々苦労して、大汗かいてやっと元通り。
     めでたし、めでたし

って事で、お手を拝借。
fb_20171003213732384.jpg
いよ~、シャンシャンシャン・・・・猿みたいだなぁ私。

 しばらくスマホでフェイスブックは止めとこう・・・


2日、ベルリンのニュースをライブで見てました。
250キロの第二次世界大戦の不発弾が見つかったそうです。
地下鉄は不通。アウトバーンも閉鎖。
付近の住民10000人が避難。
1500人の介護施設内の老人も居たそうですが、
移動には大きな問題も無かったとか・・

  夜遅くに皆どこへ避難したんでしょう。
  ダウンを着るほど寒いのに行く当てもない人は?・・・

   しかし、戦後70年以上経っても不発弾が出て来る。
   今まで事故にならなくて良かったと思います。

     

ふと思った事・・・

駅で英文の路線図を見つけて持ち帰りました。


パスモ、スイカが使える外国人向けの路線図。
路線図 (1)


新潟や仙台でICカードが使えるのは分かりましたが、
路線図 (2)
字が小さ過ぎて読めない。不親切。

     作れば良いってもんじゃないと思うけどなぁ。

だけど、仙台に地下鉄が走ってたのは知りませんでした。
路線図 (2) - コピー
いつかチャンスが有ったら乗ってみたいです。


私がいつも通る公園に猫ちゃんがこうして過ごしてます。
猫 (1)


夜は幾人かの爺様方がまったりと寛ぐ公園ですが、
  そのそばで餌も貰えないのに猫が集まって来ます。

   人間の温もりを求めて寄ってくるの? ちょっと切ない・・・




黄色い建物。

ゴチャゴチャした都会の中でも、
   少しだけでも緑の有るとホッとします。

  待ち合わせの時間まで隅田川沿いでボーっとしてました。
      ベルリンだったら水鳥の姿を追って遊んでたと思います。

隅田川沿いの花と緑。
ビール (3)


コスモスに似た花。
ビール (1)


ブロ友さんから聞いた話。   
左側の黄色い建物はビール。ジョッキにしては形が変ですが。
ビール (2)
建物の上に有るのはビールの泡なんですって。

     これで私の疑問が解決出来ました。



今日はピオーネさんからブドウが届きました。
ブドウ
一粒口にするとカリカリプリプリ。

繊細な味と香りが広がります。
    
日本ならではのブドウの味と香り。
  ドイツの皆に食べさせてあげたいな。



短い動画


昨日の浅草から三ノ輪までスマホを見て、
8キロと読んでましたが3キロが正解だそうです。
って事は私の目が確かでは無くなった?


       嫌ですよ~、また眼科通いなんて・・・



カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

太巻きおばば

Author:太巻きおばば
喜怒哀楽が激しく裏表無し。
早い話が単細胞。
下町生まれの下町育ち。

写真転載不可。

年間アーカイブ

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク自由です。 商用目的のリンクはお断りします。