ベルリンの壁跡の桜。

ベルリンの壁跡の桜は過去にもアップしてますが、

    桜を探しに出かけました。

ソメイヨシノじゃなくて八重桜。
Bornholmer (1)
壁跡に沿って八重桜が植えられてます。

   両側はクライン ガルテンが広がり若緑が綺麗。

 空港が近いので時折爆音が聞えます。

近くのBornholmerst,駅。
Bornholmer (3)


壁は一部残ってます。
Bornholmer (4)
もう誰も振り向きもしないし忘れられてるかも。


      壁が崩壊して、

東ベルリンの人々がこの橋を渡り感涙を流した場所。
Bornholmer (2)


側には1989年11月9日広場と表示が有ります。
Bornholmer (5)
壁崩壊の日を忘れることは無いわけです。


壁跡の桜です。



長い間、ご無沙汰してた仕事の先輩から突然の電話。
懐かしくて、懐かしくて・・・

  話してるうちに何と学校が一緒だった事が分りました!
  同じ校庭で同じ体操をして、同じ校舎で勉強して、
  学園祭も一緒に過ごしてたんだわ。

  
     帰国間際にこんな事が有るんですね。

  きっと神様の思し召しかも。神様、ありがとう。こんな時ばっかり 


コメントの投稿

非公開コメント

No title

ベルリンの壁跡って、かなりの長さがあるんですね。
分厚く長いコンクリートの壁が、桜の並木に変身なんて、
当時は考えられなかったでしょうね。
アメリカとメキシコにも壁など言ってるバカもいますが・・・。
まさかの先輩の電話、きっと楽しかっただろうなと想像しています。

No title

ベルリンには沢山の桜が植えられているんですね
八重桜綺麗ですね(❁˙ ˘ ˙❁)

駅の写真を見て イギリス生まれの『きかんしゃトーマス』を思い出しました
やっぱり外国ですね オシャレに見えます

No title

壁の跡が桜並木、平和の絵のようです。
周りの若緑と桜のピンクが調和して素敵な散歩道ですね。
アムゼルも可愛いわ。

No title

桜並木が延々と続いて美しいですね~!
でも、これがベルリンの壁の跡と言うのが複雑な思いです
こんなに延々と壁で隔てられていたんですね。

もう、壁があったことさえ若い世代には
知られていないかもしれません。

日本で街頭インタビューで「第二次世界大戦」を
「知らない」って答えていたのには悲しくなりました。

こんにちは

はじめまして お邪魔します
なんていう名前の橋でしょうか
岐阜県の「忠節橋」に似ています
ブレースドリブタイドアーチという種類です(笑)
岐阜県も今は八重桜が咲いています^^

No title

壁跡の桜並木、八重桜が綺麗ですね~~
壁があったことなど忘れた方が良いかも・・・
プレートの後ろの蔦も新緑が出てくるのですね?


悲しみの後の解放感で涙した橋。
落書きしないで欲しいですね?

長閑な桜並木の散策、気持ち良さそうです~~
うふふ、一緒にお散歩、アムぜルちゃん可愛いですね?

Re: raraさん

西ベルリンを取り巻く壁が役160kmになります。
そんな壁に取り囲まれて過ごした西ベルリン人もストレスだったでしょうね。

テレ朝で寄付を募りこの桜並木が出来ました。
植栽に問題は有ったようですが今は市民の目を楽しませてくれてるようです。
壁を作ったり壊したり、税金の無駄。
今もそんな事を言ってる人が居るんですものね。

何年ぶりかの電話で吃驚しました。
今までお会いしてプライベートの話をしてましたが、
出身校の話まではしてませんでした。
先生の話まで飛び出て懐かしかったです。

Re: き☆り☆ん さん

この日は平日で赤ちゃん連れの人と、
ワンちゃんのお散歩の人に会うくらいで静かでしたよ。
日本と違うのは宴会が無いこと。

古い駅なんでしょうね。
中には入りませんでしたが外観に風情が有りますよね。

Re: わすれ草さん

桜並木も緑が有って引き立ててますね。
周囲がクライン ガルテンで静かに散歩できました。
アムゼルは子育ての時期。
餌探しに忙しそうでしたよ。

Re: nohohonさん

戦後、東ドイツの手によって壁が作られました。
多くの東ドイツ人が西へ逃げるのを防ぐ為です。
何故逃げるかを考えないで
力ずくで国民を抑える国政は長続きしないですよね。

第二次世界大戦を知らない現代っ子達。
唖然ですね。
学校の教育方針が間違ってると思います。
過去を知らないで未来を築けるはずもないのに・・・

Re: 小々次郎さん

はじめまして。コメントありがとうございます。

橋はböse橋と言います。
ドイツ語で怒りとか邪悪の意味が有ります。

岐阜県にも似た橋が有るんですね。
どういった経路で何処の会社が建設したのか気になります。

No title

壁崩壊の日のニュースは断片的に覚えています。
あれからそんなに桜が大きくなるほどの月日が流れたのですね。

Re:ぶらっくこーひーさん

まだ8分咲きって所でしょうか。
人が少なくてゆっくり出来ました。
これが日本だと犯罪が起きそう・・

蔦、新芽が出てました。
もう少ししたら緑で覆われるんでしょうね。

本当に落書きなんかしないで欲しいです。
実はこの辺り里環境の良い所では有りません。
私はここへ来たのは2回か3回です。
それでもゆっくり出来たのはありがたかったです。

アムぜルちゃんね、今は子育てに忙しい時期。
可愛いですよね~

Re: nobotanさん

1989年に壁が崩壊しました。
当時、私は日本で忙しくしてました。
実は私もベルリンに来るまでは詳しく知りませんでした。
こんなものって蹴飛ばしたく思った人は多かったでしょうね。

★ごきげんよう★

あの壁の後に、桜が植えてあるなんて、嬉しいですねぇ v-17v-221

こんにちは

ベルリンの壁跡、見事な桜の名所になっているんですね!
こんなに咲いてるのに、アムゼルと自分だけの世界だなんて、
日本では信じられませんね(笑)。
壁が崩壊するのをテレビで見たのも随分昔になるわけですが、
あの映像を見た時の衝撃は忘れられません。

No title

桜きれいですね。
壁のあとに植えた桜なのですね。
今は、だんだん忘れられてきていますよね。

あの日は忘れられませんが、、、
懐かしいかた、同じ学校だとわかって、びっくりですね。
横を通過していたのかもしれませんえ。

No title

ベルリンの壁跡には、こんなに立派な八重桜が育っているのですね。
時の経過を感じますね。
この桜が倒されるようなことが無いように平和が続いて欲しいものです。
最近きな臭くって・・・。(/ω\)
アムゼルにも高らかに歌を歌っていてもらわなくっちゃね~。

No title

先月、毎日新聞にベルリンの壁あとの桜を主人公にした童話が載っていました。本当にあるんですね。
美しいです。

Re: ボスさん

28年も続いた壁のあと、綺麗な桜が咲き誇ってます。
人間って愚かですよね。

Re: 里花さん

ドイツの良い所は人混みが少ない。
静かに安全に散歩が出来るベルリンに魅力を感じます。
壁崩壊からもう随分の年月が過ぎました。
桜の成長を見ただけでも分かりますよね。

Re: amiさん

壁崩壊の頃の写真を見ると服装、ヘアースタイルの違いが分ります。
それだけ昔の事になってしまったわけですよね。

先輩、プライベートの事も話してたのに、
出身校までは及ばなかったわけですが、
今回は出身校まで話が及んで、
母校が一緒だった事が判明。
吃驚しましたよ~

タイムマシーンで昔を覗いて見たいです。
懐かしかったです~

Re:なっつばーさん

日本からの八重桜がドイツで元気に咲いてます。
苗木からこんなに大きくなって・・
ドイツ人も貰った桜を大事に育ててくれて嬉しいですよね。

今日も近所のドイツ人にアジア諸国の平和が長続きして欲しいと言われました。
沢山の事を経験してるドイツ人だからこその発言ですね。
今、日本に帰るのは危険とも言われました。
私としては複雑な気分です。
自分だけ生き残っても決して幸せでは有りませんから・・・

Re: pianoさん

あら~、その童話を是非読んでみたいです。
日本に帰ったら探してみます。

^^

今年の桜開花はずいぶん遅くなり。
4月10日過ぎて満開になっていませんでした。
満開になったのは13日ぐらいでしょうか。

川沿いにある桜並木を歩いていると。
急に風が強くなって。
花びらが吹雪のように舞い散りました。

思わずカメラを向けましたが時すでに遅し。
また緩やかな風になって。
絶好のシャッターチャンスを逃したのでした。

今年ほどたくさん桜を見たのは久しぶりです。
カメラを向ける人も多くて。
ああ。春が来たんだなって思いましたね。

ベルリンの壁・跡地に。
桜が植樹されているとは知りませんでした。
(日本から贈られたものとは!)

桜の下で宴会・・・さすがにないでしょうね^^;)/

Re: waravinoさん

最近の天候の異変は世界中に広まってるようですね。
桜の開花もそれぞれの地域で変化があるようで・・

桜の下での宴会は見た事が有りません。
せいぜいパンを齧るかアイスを食べるかぐらいでしょう。
私はあのお酒のニオイが嫌いです。
酔っ払いも嫌い。
ドイツでの酔っ払いはホームレスぐらい。
お酒のマナーはドイツは良いみたいです。

Re: 鍵コメさん

はじめまして。
コメントをありがとうございます。

5・6年前と言うと私がブログを始めた頃から。
長い間ありがとうございました。
ブログはこのまま同じタイトルで続けるか変えて続けるか考え中です。

ベルリンに来た頃はベルリンに骨を埋める覚悟で来ました。
今でもベルリンは大好きです。
周囲の人も親切に接してくれてます。

長い間、趣味で続けた仕事も辞めました。
ふと気がついたら何を目標に生きてるのか分からなくなりました。
もう一度原点に戻り自分自身を振り返りたく思ってます。
帰国しても私の心はベルリンに有ります。

今後とも宜しくお願い致します。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

太巻きおばば

Author:太巻きおばば
喜怒哀楽が激しく裏表無し。
早い話が単細胞。
下町生まれの下町育ち。

写真転載不可。

年間アーカイブ

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク自由です。 商用目的のリンクはお断りします。